Memories of Scents
memoriesofscents.exblog.jp

カテゴリ:旅( 15 )

旅支度

旅支度。
あたたかい海辺の家へ。


旅支度_e0404027_21325132.jpeg


①精油
家族のため、私のために。
それぞれの好み、不都合に合わせて。
・オレンジスィート
・ラベンダーアングスティフォリア
・ヘリクリサム
・ユーカリラディアタ 
・ラヴィンツァラ

②アロマジェル
人混みに行く時に+胃腸やら免疫やら諸々に。
・オレンジスィート
・ラヴィンツァラ
・ティートゥリー 
・マジョラム 
・ローズウッド
・バジル

③アロマピアス
#タビノキセキ さんのもの
好きなアロマブレンドを細い細いスポイトで注入。
自分だけにふわり、と。

④バスオイル
東京の家は24時間風呂→バスオイルNG
温泉にも行くけれど、
実は海辺の家での一番の楽しみかもしれない。
リラックスしてよく眠れるように。
・オレンジスィート
・ラベンダーアングスティフォリア
・岩手洋野町クロモジ(夏採り)
・イランイラン

⑤アロマブレンドを書きためているノート

⑥今回読む本2冊
あったかい格好をして、ホカロン貼って、
シャンパンバッグもって、海辺で静かに読みたい。
『A MODERN HERBAL』Margaret Grieve著
『香料商が語る東西香り秘話』相良 嘉美著





by memoriesofscents | 2019-12-29 21:32 | | Comments(0)

草の女

The Herb Lady. 
草の女


草の女_e0404027_15491610.jpeg

ラトビアを代表する野生ハーブの研究者、
Liga Reitere(リーガ・レイテレ)さん。


ご自身を「草の女」と呼ぶ。


そんなLigaさんの言葉。


🌿


人生に楽しみがなければ
健康を維持することも、
たて直すことも難しい。


雑音が人を病気にさせ、
雑音が人を急きたてる。


世界一のものを追い続ければ、
神経を費やし続けることになる


足るを知ることもまた
人生を豊かにする。


🌿



私たちは足りないものを
探しがち。
既にあるもののなかで
何ができるのか、
心と頭を働かせて
しなやかな、
そして豊かな日々を。

by memoriesofscents | 2019-06-15 15:47 | | Comments(0)

音楽と癒しとピルツと

To the forest of Sigluda #4


Music, relaxation and pirts. 
音楽と癒しとピルツと 




一面に敷き詰められたハーブと花々の上にそっと横たわり、
琥珀を手にする。

音楽と癒しとピルツと_e0404027_09282720.jpeg

太鼓のリズムにのって、束ねた木製のスティックが
邪気を払うかのように全身をパッティング。

音楽と癒しとピルツと_e0404027_09291627.jpeg

低くて穏やかな歌声と、束ねた木々の葉が
足の先から頭の先までさわさわと移動する。



心地よい音楽を奏でる植物や木製の楽器が、
頭部を左右に行き来する。

音楽と癒しとピルツと_e0404027_09293988.jpeg

いつの間にか意識が遠のいて、
目覚めたときには色々な感覚がリセット。




ピルツは、ラトビアのサウナ。日本のドライなサウナと違って、ミストサウナとまではいかないものの、ウェットなサウナ。

音楽と癒しとピルツと_e0404027_09302249.jpeg


音楽と癒しとピルツと_e0404027_09311143.jpeg

白樺の枝を束ねたもので体を叩いたり、ヨモギなどの草を体に擦り付けたり...
それはまるでホットエクササイズ。


by memoriesofscents | 2019-06-15 09:27 | | Comments(0)

ラトビアの自然を食す

To the forest of Sigluda #3

Savoring Latvian organic food.
ラトビアの自然を食す



ラトビアを代表する野生ハーブの研究者、Liga Reiterさんのおもてなし。


ラトビアの自然を食す_e0404027_13173307.jpeg



インゲンとジャガイモの、タイムバター和え

ラトビアの自然を食す_e0404027_13121763.jpeg



ひきわり麦、セロリの根、人参とアンズダケの和え物

ラトビアの自然を食す_e0404027_13131997.jpeg


焼いた人参のクリームスープ


カシスの葉で香りづけしたパイクパーチ🐟

ラトビアの自然を食す_e0404027_13144203.jpeg



キャラウェイ、ニンニク、人参、そしてお酢でマリネしたチキン

ラトビアの自然を食す_e0404027_13154671.jpeg



そしてデザートのルバーブとヤグルマギクのケーキ。

ラトビアの自然を食す_e0404027_13164571.jpeg

爽やで優しい酸味と、穏やかな甘さのふわふわケーキ。

by memoriesofscents | 2019-06-14 13:10 | | Comments(0)

植物のめぐみ

To the forest of Sigluda  #2

Blessing of plants.
植物のめぐみ 



少女の頃のように無心に花を編み、

植物のめぐみ_e0404027_16131737.jpeg

植物のめぐみ_e0404027_16151141.jpeg

ハーブティーや琥珀のお水を、ゆっくりといただく。

植物のめぐみ_e0404027_16134319.jpeg

植物のめぐみ_e0404027_16141100.jpeg


ただ、「今」を夢中に過ごす。



by memoriesofscents | 2019-06-13 16:12 | | Comments(0)

ワイルドファーマシー

To the forest of Sigluda #1
Sigludaの森へ



「草の女」、ラトビアを代表する野生ハーブの研究者リーガ・レイテレさんのワークショップ。

ワイルドファーマシー_e0404027_15563716.jpeg


- wild pharmacy -


まずは、唇バルサム、アスピリン油、バスソルト作り。

ワイルドファーマシー_e0404027_15575675.jpeg


アスピリンを多量に含む西洋シロヤナギをメインに、
カモミールやウワミズザクラを加えた油を湯煎にかける。


最後に欧州トウヒのヤニやミツロウを加る。

ワイルドファーマシー_e0404027_16010503.jpeg

濾しおわった植物もブレンダーにかけて細かく砕き、
塩と合わせてバスソルトに。

ワイルドファーマシー_e0404027_16020972.jpeg


次に神経バランスを整えるティンクチャー作り。


ヤグルマギクの花
カシワの葉
キャラウェイの葉
西洋ナツユキソウの葉
イラクサの葉
西洋ネズの葉
欧州トウヒの葉を
好きなように選んで加える。





最後にハーバルハニーを。


ビタミンCを豊富に含む欧州トウヒや西洋ネズをブレンダーにかけ、ハチミツとmix。

ワイルドファーマシー_e0404027_16025974.jpeg

ワイルドファーマシー_e0404027_16064985.jpeg


すーっと爽やかな森の味。

by memoriesofscents | 2019-06-12 15:55 | | Comments(0)

Avotiniへ

To the herb garden workshop. 
農園ワークショップへ




小さな泉という意味のAvotiniへ。

領主の館でお昼ご飯。

Avotiniへ_e0404027_14124074.jpeg

館の前にはデイジーが沢山。
エリ子さん(ハーバルノートの萩尾エリ子さん)とみんなでデイジー摘み。

Avotiniへ_e0404027_14164792.jpeg

Avotiniへ_e0404027_14175477.jpeg

館の敷地内にはマーガレット畑も。

Avotiniへ_e0404027_14193459.jpeg


そこから少し車で走り、目的のハーブ農園へ。

緑の薬局でワークショップ。


Avotiniへ_e0404027_14211827.jpeg


Avotiniへ_e0404027_14215991.jpeg


ディル
エストラゴン
ムラサキウマゴヤシ
タンポポ
フキタンポポ
コウリンタンポポ
ヨモギ
ミリリス
西洋オトギリソウ
ヤロー
キジムシロ
アンチュウサ
マロー
フェンネル
西洋ヤブイチゴ
イヌハッカネトル
ヒソップ


などなど

Avotiniへ_e0404027_14223602.jpeg


50種以上ものハーブとフルーツやスーパーフードが入った
スムージーをいただきす。

Avotiniへ_e0404027_14231138.jpeg

Avotiniへ_e0404027_14243707.jpeg




これから国境を越え、ラトヴィアへ向かいます。


by memoriesofscents | 2019-06-11 14:10 | | Comments(0)

Haapsaluの旧市街へ

Haapsaluの旧市街へ。



良質な治療用の泥がとれる、このHaapsalu。


かつてチャイコフスキーも療養に訪れたという。

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01092373.jpeg


旧市街には僧正の居城の城壁がそびえる。

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01110900.jpeg

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01115750.jpeg


城に忍び込んだ乙女が壁に塗り込められた教会も、
太陽の下では伝説に似合わず明るく美しい。



レースで有名なこの街。家の外観もレースで縁取ったかのよう。

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01133639.jpeg

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01140251.jpeg


静かで穏やかな街。

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01154142.jpeg

Haapsaluの旧市街へ_e0404027_01162728.jpeg

by memoriesofscents | 2019-06-11 01:08 | | Comments(0)

サナトリウムの1日

A day in a sanatorium.
サナトリウムの一日



泥セラピー発祥の地、ハープサル。




長期療養型施設のFra Mare Thalasso Spaで養生の一日。

サナトリウムの1日_e0404027_12335840.jpeg

サナトリウムの1日_e0404027_12343141.jpeg

サナトリウムの1日_e0404027_12373456.jpeg

海に面したこのサナトリウム。セラピーメニューが60近くも。

サナトリウムの1日_e0404027_12362971.jpeg

サナトリウムの1日_e0404027_12365574.jpeg


カモミールなどのハーブエキスミスト
アロマ泥トリートメント

サナトリウムの1日_e0404027_12332254.jpeg
バイオプトロンの光
チョコレートセラピー
塩セラピー
塩風呂

サナトリウムの1日_e0404027_12380401.jpeg


ミツロウキャンドルのセラピー
ハニーマッサージ
海風の陽を浴びるトリートメント
海水プールで音楽
アロマ蜜蝋マンゴーマスク
クナイプセラピー


などなど。






思い思いに過ごす。

by memoriesofscents | 2019-06-09 12:32 | | Comments(0)

エストニアと薬草

ヴィル湿原から車で少し行ったAltja Nature Trail近くの素朴な漁村へ。

エストニアと薬草_e0404027_18014515.jpeg

黒パンや、サーモン、デザートには生クリームを入れて食べるルバーブのスープなど、素朴なエストニアの食事をいただく。

エストニアと薬草_e0404027_18021865.jpeg

エストニアと薬草_e0404027_18071084.jpeg

エストニアと薬草_e0404027_18073522.jpeg

エストニアと薬草_e0404027_18040058.jpeg

漁村にもリンデンやライラック、ハマナスの花が沢山咲いて、良い香りがそこここに...。

エストニアと薬草_e0404027_18082187.jpeg

日本では毒草とも薬草ともいわれている「クサノオウ」を発見。

エストニアと薬草_e0404027_18085306.jpeg

アルカロイドを沢山含むので肌荒れがするし、食べたりしたら大変なことになるのだけれど、現地の人はこの植物からでる黄色い液体を止血に使うのだとか。

タデも、サラダにして食べる人もいるのだそう。

エストニアと薬草_e0404027_18094315.jpeg


エストニアはどこに行ってもハーブティーの種類が豊富、そしてお料理にも必ずと言っていいくらいハーブが使われている。
特にディルが多いように思う。


日本よりずっとずっとハーブが身近で、ハーブに詳しい人でなくても、これは毒だとかこれは薬になるだとか、家庭の知恵として親しんでいるのだな、と思った。


この後、泥セラピー発祥の地、ハープサルまで移動してサナトリウムへ。


緑の療養を体験します。

by memoriesofscents | 2019-06-08 18:01 | | Comments(0)


日々の心とからだによりそう香りを

by Memories of Scents

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

お仕事について

最新の記事

草の香り、雨の香り
at 2020-07-01 09:54
蜜蝋とバラのスキンクリーム
at 2020-06-26 13:58
パーソナルアロマ調香
at 2020-06-19 16:56
夏の香り
at 2020-06-18 17:28
雨の土曜日には
at 2020-06-13 08:56

カテゴリ

全体
パーソナルアロマ調香
Today’s Scents
メディカルアロマテラピー
アロマフレグランスストーン
その他
日常のこと

フード
Worksh
Workshop
アロマ調香Lab.
アロマ調香
アロマセラピー
精油のこと
学びの時間
未分類

検索